メインメニューを開く

大島 末男(おおしま すえお、1932年 - 2011年 )は、日本キリスト教神学者カール・バルトパウル・ティリッヒの研究者。麗澤大学教授。元広島工業大学教授。

群馬県前橋市生まれ。東京大学法学部在学中に小池辰雄前田護郎の聖書研究会に参加する。その後、聖書神学舎(現聖書宣教会)で舟喜順一に古プロテスタント教会の正統神学(福音主義神学)を学ぶが、バルト神学の研究を志し、聖書神学舎の教授羽鳥明の推薦でフラー神学校のバルト神学の研究家のジェフリー・ブロムリーの元で学ぶ。

フラー神学校在学中に、サンフランシスコの長老教会でアメリカ訪問中のカール・バルトの講義を聞く。[1]

フラー神学大学を卒業後、パウル・ティリッヒの元で学ぶために、シカゴ大学へ入学する。シカゴ大学でマルクース・バルト一家と親交を深める。1970年、ヨセフ・ハルトゥニアン教授とラングドン・ギルキー教授の元でバルト神学の学位論文を完成させて、Ph.D.取得。

脚注編集

  1. ^ 大島末男『カール・バルト』p.3

著書編集

  • カール・バルト (清水書院
  • ティリッヒ (清水書院)
  • 人間とは何か (麗澤大学出版部)
  • カール・バルトにおける神学と歴史 (麗澤大学出版会)