メインメニューを開く

概要編集

同市出身の実業家である大川栄二が40年間かけて集めたコレクションが展示されている。1988年に開館。

建物は、元第一勧業銀行社員寮を松本莞松本竣介子息)の設計により増築・改装したもので、山の中腹に斜面に沿って建つスキップフロア方式。

コレクション編集

日本の近代洋画を中心に6,500点を超えるコレクションを有している。松本竣介(1912~48年)と野田英夫(1908~39年)のコレクションに関しては日本最大で、松本竣介を中心とした「人脈」に注目し、師弟・同グループ・友人・影響関係などのつながりのある作家の作品を収集するユニークなコレクションを形成している。代表的な収蔵作品に、松本竣介《街》(1938年)、《運河風景》(1943年)、野田英夫《都会》(1937年)などがある。

その他に、ピカソミロルオーベン・シャーンらの西洋美術、藤島武二のエスキース、難波田龍起・史男・紀夫、清水登之らのまとまったコレクションを所蔵、展示しており、地方都市の私立美術館としては比類ない充実度を誇る美術館である。

歴代館長編集

  • 1988年 - 2008年 大川栄二(大川美術館創設者・実業家)
  • 2009年 - 2017年 寺田勝彦(学校法人学習院名誉教授)[1]
  • 2017年 - 田中淳(元・東京文化財研究所副所長、同所名誉研究員・文化財情報資料部客員研究員)[2]

施設編集

図書室、庭園、喫茶室、ミュージアムショップを併設している。

交通アクセス編集

脚注編集

外部リンク編集