学習院

戦前日本の官立学校

学習院(がくしゅういん)は、旧宮内省外局として設置された国立学校1947年昭和22年)に廃止・民営化されたが、新たに私立学校として「学校法人 学習院」となり再出発した。

学習院初代校舎

沿革編集

  • 1847年弘化4年)京都御所日御門前に学習所(京都学習院)が開講する。
  • 1849年嘉永2年)「学習院」の勅額孝明天皇より下賜される。
  • 1868年明治元年)4月4日(3月12日)京都に学習院を復興し(3月19日)から開講することを決定した。(4月15日)、学習院を大学寮代と改称する。(9月16日)漢学所に解消された。[1]
  • 1877年(明治10年)華族学校学則制定。10月17日、私立の華族学校、神田錦町にて開業式挙行し、天皇臨席し、「学習院」の称号を与える[2]
  • 1884年(明治17年)それまでは華族会館経営の私立学校であったのを4月17日、宮内省所轄の官立学校となる[2]
  • 1885年(明治18年)四谷区尾張町華族女学校を設置する。
  • 1888年(明治21年)学習院が麹町区三年町の工部大学校跡に移転する。
  • 1889年(明治22年)華族女学校が麹町区永田町に移転する。
  • 1890年(明治23年)学習院が四谷区尾張町(現初等科所在地)に移転する。
  • 1906年(明治39年)華族女学校と学習院を併合し、華族女学校を学習院女学部と改称する。
  • 1908年(明治41年)東京府下高田村(現・目白)に移転する(初等学科と女学部は旧位置)。
  • 1918年大正7年)女学部が青山に移転して、女子学習院となる。
  • 1919年(大正8年)学習院の初等学科・中等学科・高等学科を初等科・中等科・高等科に改める。
  • 1922年(大正11年)摂政宮裕仁親王のもと学習院学制女子学習院学制が敷かれ官営化される[3]
  • 1928年昭和3年)学習院開校創立五十年祝典が挙行され、『開校五十年記念学習院史』が発行される[2]
  • 1935年(昭和10年)女子学習院開校五十年記念式を挙行する。
  • 1946年(昭和21年)女子学習院は牛込区戸山町に、学習院中等科(1・2年)は小金井(現在の小金井公園の敷地内)に移転する。
  • 1947年(昭和22年)学習院学制・女子学習院学制が廃止。4月、男女両院を合併し、財団法人として宮内省から独立する。

校名の由来編集

弘化4(1847)年3月、京都に公家の教育機関として開講した当初は「学習所」と称したが、1849年(嘉永2年)4月に孝明天皇より「学習院」の勅額が下賜されて正式名称となった。この名称が論語冒頭の「学而時習之、不亦説乎」(学びて時にこれを習う、またよろこばしからずや)に基づくことは疑いないとされている。

歴代学習院長一覧編集

財団法人学習院、学校法人学習院のもとでの歴代院長は学校法人 学習院の当該節を参照。

氏名 就任時期 備考
初代 立花種恭 1877年 - 1884年 三池藩第8代藩主、子爵
第2代 谷干城 1884年 - 1885年 陸軍中将、子爵
第3代 大鳥圭介 1885年 - 1887年 枢密顧問官男爵
第4代 三浦梧楼 1887年 - 1892年3月26日 陸軍中将、子爵
第5代 岩倉具定 1892年3月26日 - 1892年10月20日 宮内大臣公爵
第6代 田中光顕 1892年10月20日 - 1895年3月19日 陸軍少将内閣書記官長、宮内大臣、子爵
第7代 近衛篤麿 1895年3月19日 - 1904年1月2日 貴族院議長公爵
第8代 菊池大麓 1904年8月4日 - 1905年10月12日 京都帝国大学総長男爵
第9代 山口鋭之助 1906年1月18日 - 1907年1月31日 京都帝国大学教授、物理学者
第10代 乃木希典 1907年1月31日 - 1912年9月13日 陸軍大将伯爵
事務取扱 白鳥庫吉 1912年9月16日 - 1912年11月25日 東京帝国大学教授、東洋史学者
第11代 大迫尚敏 1912年11月25日 - 1917年8月25日 陸軍大将、子爵
第12代 北条時敬 1917年8月25日 - 1920年 宮中顧問官
第13代 一戸兵衛 1920年 - 1922年 陸軍大将、教育総監
第14代 福原鐐二郎 1922年11月3日 - 1929年10月28日 東北帝国大学総長
第15代 荒木寅三郎 1929年10月28日 - 1937年4月6日 京都帝国大学総長
第16代 野村吉三郎 1937年4月6日 - 1939年9月25日 海軍大将
第17代 山梨勝之進 1939年10月7日 - 1946年10月5日 海軍大将

脚注編集

[脚注の使い方]

註釈編集

出典編集

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集