メインメニューを開く

大沢 基寿(おおさわ もとすみ[要出典]/もとひさ[1]/もととし[1]、旧字体:大澤 基壽)は、江戸時代後期の高家旗本。別名は基輔通称は七助、采女。官位従四位下侍従右京大夫

 
大沢基寿
大沢基寿.jpg
大沢基寿
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 弘化4年(1847年)?
死没 明治44年(1911年[要出典]
別名 基壽、基輔、通称:七助、采女
官位 従四位下侍従右京大夫
幕府 江戸幕府 高家旗本
主君 徳川家茂慶喜
氏族 持明院家庶流大沢氏
父母 父:大沢基暢
間部詮勝娘・福聚
基明

経歴編集

大沢基暢の子として誕生した。室は鯖江藩主・間部詮勝の娘・福聚。

万延元年(1860年)閏3月1日、14代将軍・徳川家茂御目見する。同年閏3月25日、部屋住ながら高家見習。明治期の本人の回想によれば、当時14歳であったという。同年4月26日、従五位下侍従采女正に叙任する。後に従四位下に昇進、右京大夫に改める。同年8月27日、高家職。

文久2年12月25日(1863年)、父の死去により家督相続する。慶応2年(1866年)11月27日、高家肝煎。慶応3年(1867年)10月14日、15代将軍・徳川慶喜による大政奉還上奏文を朝廷に提出する。

万石事件編集

慶応4年1月22日(1867年)、新政府に服属し、同年2月7日(1867年)には東征軍に資金を献上している。同年8月、新政府に対して石高直しを申請し、実高が1万6石となったという虚偽の報告をした。これによって基寿は同年9月18日、諸侯(大名)に列して堀江藩が立藩する。明治元年(1867年)12月17日、遠江国内の領地の返上と美濃国内に替地の支給を上申する。1869年明治2年)7月、版籍奉還により藩知事に任じられる。1871年明治4年)3月20日、家禄の半分を開拓費にあてることを上申し、同年5月29日に許可されている。同年7月、廃藩置県により免職となる。

同年11月に至り、石高直しに関する虚偽の報告が露見すると、基寿は士族に落とされた上で禁錮1年の刑を受けた。1899年(明治32年)、史談会のインタビューに応じており、この頃までは生存を確認できる。

脚注編集

先代:
大沢基暢
高家大沢家11代当主
1862年 - ?
次代:
大沢基明