メインメニューを開く
大沢謙二
大沢謙二

大沢 謙二(おおさわ けんじ、嘉永5年7月3日[1]1852年8月17日) - 昭和2年(1927年1月10日[2])は、日本医師貴族院勅選議員医学博士

経歴編集

三河国宝飯郡当古村(現在の愛知県豊川市当古町)に神職大林美濃の四男として生まれ、三河吉田藩の侍医大沢玄竜の養子となった[1]。東京の医学所で医学を学んだ後、1970年明治3年)にドイツ留学を命じられ、ベルリン大学で学んだ[1]。帰国後、東京医学校教授に就任したが、1878年(明治11年)に辞職して、自費で再びドイツに留学し、シュトラスブルク大学で医学博士の称号を得た[1]

1882年(明治15年)に帰国後、東京大学医学部教授となり、1886年(明治19年)には東京帝国大学医科大学教頭に就任した[1]1888年(明治21年)、帝国大学より医学博士の称号を受けた[1]1891年(明治24年)、医科大学長に就任し、貴族院議員に勅選された[1]1915年大正4年)に退職し[3]、名誉教授となった[4]

栄典編集

位階
勲章

著書編集

  • 『社会的衛生 体質改良論』(開成館、1904)
  • 『生理学上より見たる婦人の本分』(大倉書店、1908)
  • 『通俗結婚新説』(大倉書店、1909)
  • 『通俗酒害新説』(銀座会館、1910)
  • 『冷水浴と冷水摩擦』(文星堂、1911)
  • 『日本衛生文庫:第1-6集』(教育新潮研究会、1917-1918年) 三宅秀と共編

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 立身致富信用公録 第13編 pp.21-22 1903.
  2. ^ 『官報』第12号、昭和2年1月14日。
  3. ^ 『官報』第738号、大正4年1月20日。
  4. ^ 『官報』第763号、大正4年2月19日。
  5. ^ 『官報』第765号「叙任及辞令」1915年2月22日。
  6. ^ 『官報』第720号「叙任及辞令」1914年12月24日。

参考文献編集

  • 『立身致富信用公録 第13編』国鏡社、1903年。