大河平 隆重(おこびら たかしげ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将島津氏の家臣。

 
大河平隆重
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永禄2年(1559年)?/ 永禄7年(1564年)?
死没 慶長3年11月18日1598年12月16日
別名 通称:源太左衛門
戒名 称念浄心居士
主君 島津義弘
氏族 大河平氏
父母 父:大河平隆堅
兄弟 隆光隆重
隆商隆尚
テンプレートを表示

略歴編集

大河平氏庶流・大河平隆堅の子として誕生。大河平氏は、元は日向国北原氏の家臣であったが、北原氏は日向伊東氏に領地を簒奪され、また大河平氏も、永禄7年(1564年)に居城の今城を伊東氏に攻撃され、城兵全員が討ち死にし断絶となった[1]。隆重は落城のとき6歳で、そのまま伊東氏により捕らわれの身となったが、8歳になったときに島津義弘が送り込んだ商人[2]により救い出された。隆重は成長すると、そのまま義弘の家臣となった。

文禄元年(1592年)、文禄の役に参加する義弘に従い朝鮮へ渡海、南原城の戦い泗川の戦いで武功を上げた。しかし慶長3年(1598年)、露梁海戦の折に敵船に飛び移って戦い、討ち死にを遂げた。

本藩人物誌』は享年を35とする。それを信じれば永禄7年(1564年)生まれとなるが、一方で前述の通り永禄7年の時点で6歳ともしており、その場合は永禄2年(1559年)生まれとなるため矛盾が生じる。

脚注編集

  1. ^ 後に大河平3代・隆次の姉婿により再興。
  2. ^ 商人に扮した大河平の家人とも。

出典編集

  • 本藩人物誌』 鹿児島県史料集(13)(鹿児島県史料刊行委員会)