メインメニューを開く

大津祐男(おおつ すけお)は神奈川県湯河原町のみかんの篤農家。普通温州みかんの代表的品種である大津四号の育成者。みかんの高接ぎ法である大津式一挙更新腹接ぎ法を考案するなど接ぎ木技術にも優れていた。藤田克治と親交があった。

目次

人物編集

消防においては「火消しの大津」と言われ、湯河原町の火事は大津がいけば消えるという一説があった[1]。声が大きく賑やかで、人物が良く、人の面倒見が良かった[1]

育成品種編集

柑橘類

栽培技術編集

 
大津式一挙更新腹接ぎ法

接ぎ木方法の研究をし、「育苗用の切り接ぎはわらをまかなくてもよい。わりつぎすれぼそのままで良い。」と研究成果を主張した[1]大津式一挙更新腹接ぎ法という高接ぎ法を考案し、全国に広めた[2]。 また、昭和41年の諸外国からの柑橘品種導入の際、接ぎ木技術を買われ国の試験場(旧:農林省園芸試験場)から依頼され[注釈 1]、平塚の隔離温室に柑橘及び果樹類への接ぎ木を行った[3]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ これに対して、大津祐男は「お国のために引き受けましょう」と快諾をした。

出典編集

  1. ^ a b c 別冊 柑橘 第19巻6号 *特集*柑橘つぎ木の1〜10まで(発行:静岡県柑橘農業協同組合連合会)p25
  2. ^ カンキツの品種更新技術(著者:湯川勇 発行:養賢堂)p112 - 114
  3. ^ 柑橘の品種(著者:岩政正男 発行:静岡県柑橘農業協同組合連合会)p72,73 著者が貴重な品種を接ぐのに、技術が高い人として、大津氏に依頼した経緯と日本の果樹産業への功績について謝辞を記している。

参考文献編集

  • 柑橘の品種 昭和51年10月5日発行(著者:岩政正男 発行元:静岡県柑橘農業協同組合連合会)
  • カンキツの品種更新技術 昭和59年11月30日発行(著者:湯川勇 執筆者:真子正史他 発行:養賢堂

関連項目編集

外部リンク編集