大渓郡(たいけいぐん)は、日本統治時代台湾に存在した行政区画の一つであり、新竹州に属した。

概要編集

大渓街、龍潭庄、蕃地を管轄し、郡役所は大渓街に置かれた。郡域は現在の桃園市大渓区龍潭区復興区に当たる。

歴代首長編集

郡守編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『台湾総督府職員録 大正9年12月』、171頁。
  2. ^ 『台湾総督府職員録 大正11年』、277頁。
  3. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和2年』、303頁。
  4. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和3年』、323頁。
  5. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和5年』、365頁。
  6. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和6年』、377頁。
  7. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和7年』、375頁。
  8. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和11年』、441頁。
  9. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和13年』、501頁。
  10. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和14年』、539頁。
  11. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和16年』、475頁。
  12. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和17年』、500頁。