山本 正一(やまもと しょういち、1884年明治17年)4月13日[1] - 没年不詳)は、台湾総督府官僚新竹市尹。

経歴編集

兵庫県赤穂郡船坂村(現在の上郡町)出身[1]1905年(明治38年)、東京郵便電信学校行政科を卒業し、通信手、通信属を務めた[1]1911年(明治44年)11月[2]高等文官試験に合格[1]警視庁警部・赤坂表町警察署長、兵庫県警部・龍野警察署長警視・三宮警察署長、台北州警務課長・衛生課長、台北州淡水郡守、新竹州大渓郡守を歴任し、1930年(昭和5年)、新竹市尹に就任した[1]。その後、専売局参事・酒課長兼煙草課長、関税事務官・庶務課長兼監視部長を務めた[3]1936年(昭和11年)、退官[4]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 自治制度改正十周年紀念人物史 1931, p. 新竹州1.
  2. ^ 秦郁彦編『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、東京大学出版会、2007年、200頁。
  3. ^ 人事興信録 1939, pp. ヤ171-172.
  4. ^ 元台湾総督府税関事務官山本正一特旨叙位ノ件」 アジア歴史資料センター Ref.A11114423200 

参考文献編集

  • 原幹次郎編 『自治制度改正十周年紀念人物史』勤労と富源社、1931年。 
  • 人事興信所編 『人事興信録 第12版(下)』人事興信所、1939年。