大潮元皓(だいちょう げんこう、延宝4年1月6日1676年2月19日) - 明和5年8月22日1768年10月2日))は江戸時代中期の禅僧、漢詩人。名は元皓字は月枝、大潮または魯寮と号す。俗姓は伊万里浦郷氏。

生涯編集

俗姓は伊万里浦郷氏。祖先姓源氏。 延宝4年(1676)、肥前国松浦郡伊万里土居の上にて紺屋の家に生まれる。早くに出家して、蓮池龍津寺の化霖に師事。売茶翁(月海元昭)は法兄にあたる[1]

21歳の時に宇治黄檗山萬福寺を訪れ、師の師である独湛性瑩禅師について参禅し、また地方を遊歴し長崎では国子静という中国人について音韻を研究した。江戸では荻生徂徠服部南郭東禅寺の万庵原資、京都では相国寺大典顕常などと交わり、その漢詩文が知られるようになる[2]。文学や音韻学の弟子として亀井南冥宇野明霞・平賀中南(頼春水の師の一人)などがいる[3]

晩年は佐賀に帰り、龍津寺の住持職を嗣いでいる。明和5年(1768年)8月22日に寂す。93歳[4]

伝説編集

 学成りて、江戸に出て、荻生徂徠と会合わせられしが、一日大学の一部を暗写して勝負を争そわれたりしが、師は音読直下の棒読みに達せられしを以って一字の誤りもなかりしが、徂徠は助字の一字を落したるにより徂徠の負けとなり、それより徂徠は漢文音読直下の読み方を採用した  と主張せられしという・・・・

先代より、『西に大潮、東に徂徠』と言うことを呼び伝えしとなり。(伊万里浦郷氏 伝)

親族編集

大潮元皓の祖母の兄弟に江戸時代前期の曹洞宗僧侶で松雲宗融(しょううんそうゆう)がいる

著作編集

*『松浦詩集』3巻
*『魯寮詩偈』1巻
*『文集』4巻
*『尺牘』2巻
*『西溟餘稿』3巻
*『明四大家文選鈔』3巻

参考文献編集

『西松浦郡誌』大正10年
『肥前国鹿島藩 諸氏系譜集』 佐賀県鹿島市図書館 蔵
『背振山栄西、大潮と売茶翁 佐賀県郷土史物語1』川頭芳雄 編 福博印刷』
『伊万里市郷土研究会会誌 烏ん枕 第94号』
 伊万里浦郷氏宗家・伊万里山代浦郷氏家伝

脚注編集

  1. ^ 鷲尾順敬・編『増訂日本仏家人名辞書』東京美術、1992年、312p。
  2. ^ 鷲尾順敬・編『増訂日本仏家人名辞書』東京美術、1992年、312p。
  3. ^ 今関天彭『江戸詩人評伝集1』平凡社、2015年、172p。
  4. ^ 鷲尾順敬・編『増訂日本仏家人名辞書』東京美術、1992年、312p。