大王

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

大王

地位編集

  • 大王(おおきみ)は、古代日本における天皇、皇子、皇女に対する尊称。漢字表記は、他にも「王」「皇」「大皇」が見られ、いずれも「おおきみ」と読む。
  • 大王(おおきみ)は、古代中国における君主、諸侯王、王太子に対する尊称。朝・朝・朝の天子諸侯王君主号。漢字表記は、他にも「王」「大王」「王上」「殿下」が見られ、中国において皇帝によって封じられた大王号を持つ宗室・諸侯・貴族を指す歴史用語である。
  • 大王とは古代インド君主号である『マハーラージャ』の漢訳語。古代インドの君主号・爵位に『ラージャ』があり、しばしば王と訳される。マハーラージャはそれよりさらに上位の君主号である事から、大王が訳語として用いられた。タイ王国ではこの語が訛って『マハーラート』として伝わり、こちらも大王と訳される事がある。

称号等編集

敬称編集

  • 大王とは、親王・諸王を敬っていう言葉。敬語。(地位や称号でない場合)

地名編集

企業名等編集

  • 大王製紙 - 日本の製紙会社。
  • - 大王(だいおう)は、中国語圏で、その分野の圧倒的なシェアを持つ企業、及び企業主に対するあだ名。日本語の「 - 長者」、「 - 」と同じ。

作品名等編集

ニックネーム編集

関連項目編集