メインメニューを開く

大田黒 重五郎(おおたぐろ じゅうごろう、慶応2年6月15日1866年7月26日[1] - 昭和19年(1944年7月28日)は江戸出身の実業家

当時経営が悪化していた芝浦製作所(現東芝)を再建し[2]、同社専務等を務めた後に、各地で水力電気会社を設立した。

また、二葉亭四迷とは、東京外国語学校および東京商業学校(現一橋大学)での親友であり、四迷は大田黒をモデルに小説『浮雲』を執筆した[3]

人物編集

徳川幕府御家人である小牧辰蔵の四男として江戸小石川(後の東京府東京市小石川区、現・東京都文京区)に生まれ、幕府の没落により3歳のとき一家で静岡へ移住し富士の裾野に帰農。没落士族の辛酸を嘗める。

沼津旧制中学校を卒業後、上京して大学予備門(現東京大学)を受験したが失敗して東京外国語学校(現東京外国語大学)露語科に入学、二葉亭四迷と親交を結ぶ。やがて東京外国語学校が東京商業学校と合併し消滅したため、東京高等商業学校(現一橋大学)を卒業。大田黒惟信の養子となる。

1894年三井物産に入社。1899年から芝浦製作所の再建に努力。1904年、芝浦製作所専務取締役となる。

1906年、箱根水力電気(後の横浜共同電灯)を創設。以後、九州水力電気四国水力電気など各地で水力電気会社を設立。九州電気軌道社長等も歴任。

1936年、口述による自伝『思ひ出を語る』(河野磐城編、大田黒重五郎翁逸話刊行会)を上梓。

親族編集

参考文献編集

  • 『日本の実業家―近代日本を創った経済人伝記目録』(日外アソシエーツ、2003年)
  • 大野虎雄『沼津兵学校附属小学校』        (安川書店、1983年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 大野 172頁
  2. ^ 西村成弘「外国技術の導入と特許部門の役割:芝浦製作所における特許部門の設立と展開」『国民経済雑誌』(神戸大学)186(4)、2002年10月。
  3. ^ 中村光夫「知識階級」日本ペンクラブ電子文藝館編輯室、2001年)
先代:
松本枩蔵
九州電気軌道西日本鉄道)社長
第3代:1930年 - 1935年
次代:
村上巧児
先代:
麻生太吉
九州水力電気九州電力)社長
第6代:1933年 - 1935年
次代:
松本健次郎