メインメニューを開く

大野の語彙法則(おおののごいほうそく)あるいは単に大野の法則(おおののほうそく)とは、日本国語学者大野晋1956年に発表した、日本の9古典作品の品詞の構成比に関して見出した統計的法則。[1]

大野の語彙法則(原版)編集

万葉集源氏物語名詞動詞形容詞形容動詞、その他の百分率グラフに目盛り、名詞、動詞、形容詞の万葉と源氏の値を端点として各々を結ぶと、名詞は単調減少の直線となり、他は単調増加の直線となる。ここに、他の七作品の百分率を、上記と同一のグラフの上に目盛ると、その各点は上記の三直線上に、ほぼ垂直に並ぶ[1]

水谷静夫による大野の語彙法則(改訂版)編集

任意の3作品甲・乙・丙の語彙での名詞構成比を とし、しかるべき語類の構成比を とすると、3点 がほぼ一直線をなす:すなわち[2] [3] [4]

 

引用文献編集

  1. ^ a b 大野晋 (1956) 基本語彙に関する二三の研究-日本の古典文学作品に於ける-. 『国語学』24: 34-46.
  2. ^ 水谷静夫 (1965) 大野の語彙法則について. 『計量国語学』35: 1-12.
  3. ^ 水谷静夫 (1982) 『数理言語学(現代数学レクチャーズD-3)』培風館、204pp.
  4. ^ Shizuo Mizutani (1989) Ohno's lexical law: its data adjustment by linear regression. In "Quantitative Linguistics Vol. 39, Japanese Quantitative Linguistics" (ed. Shizuo Mizutani) pp. 1-13, Bochum: Studienverlag Dr. N. Brockmeyer.