メインメニューを開く

大野 実之助(おおの じつのすけ、1905年1月4日[1] - 1989年10月14日[2])は、日本の漢文学者。

和歌山県生まれ。早稲田大学高等師範学校卒、教員検定試験合格。1960年「李太白研究」で早大文学博士。早大文学部助教授、教授[3]、75年定年、名誉教授。

著書編集

共編著編集

  • 『老子正義』渡辺秀方共著 前野書店 1935
  • 『史文選』大矢根文次郎共編 前野書店 1941
  • 『イラスト楊貴妃物語 愛と欲望の一大抒情詩』若尾真一郎絵 産報 サンポウ・ブックス 1972

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、215頁。
  2. ^ 『人物物故大年表』
  3. ^ 『李太白研究』著者紹介