メインメニューを開く

大野 正男(おおの まさお、1927年9月3日 - 2006年10月28日)は日本の弁護士最高裁判所裁判官

東京府出身。小学生時代に父の大蔵次官大野龍太帝人事件で逮捕され、無実の罪で3年半のあいだ未決勾留された経験から弁護士志望となる。

第一高等学校 (旧制)を経て、1951年東京大学法学部卒業。一旦会社勤めをした後、1954年に弁護士登録。弁護士としては海野普吉に師事。弁護士としては悪徳の栄え事件砂川事件西山事件全逓中郵事件羽田空港デモ事件飯塚事件芸大事件を担当した。

1993年4月に最高裁判事に就任。

1997年9月に定年退官。

著書編集

  • 『裁判における判断と思想 判決分岐点の追究』日本評論社 1969
  • 『社会のなかの裁判』(岩波書店、1998年)
  • 『弁護士から裁判官へ-最高裁判事の生活と意見』(岩波書店、2000年)

共編著編集

  • 『条解改正公労法・地公労法』松岡三郎,内藤功共著 弘文堂 1957
  • 『フィクションとしての裁判 臨床法学講義』大岡昇平対談 朝日出版社・レクチャーブックス 1979
  • 『刑事裁判の光と陰 有罪率99%の意味するもの』渡部保夫共編 有斐閣 1989 人権ライブラリイ