メインメニューを開く

大間港(おおまこう)は、青森県下北郡大間町にある地方港湾。港湾管理者は青森県。

大間港
大間港旧フェリー埠頭.jpg
大間港旧フェリー埠頭
所在地
日本の旗 日本
所在地 青森県下北郡大間町
詳細
開港 1953年4月10日(設立)
管理者 青森県
種類 地方港湾
統計
統計年度 2015年度
発着数 748隻(1,388,645総トン)[1]
旅客数 119,113人[2]
公式サイト 東北地方整備局

目次

概要編集

フェリー「大函丸」により、地元の人が病院などの都市施設利用等の関係で北海道函館市へ行くとともに、津軽海峡間を最短で結ぶことからトラックなどの物流の利用も多く、また夏場の北海道ツーリングなど北海道観光レジャー用としても利用されている。

函館便を運航している東日本フェリーの撤退報道がなされ航路休止の危機となったが、2008年12月から1年間の暫定として道南自動車フェリーに運営譲渡の上、運賃が増額となるが運航は続けられることとなった。その後、津軽海峡フェリーが同航路を運航している。

2015年度の発着数は748隻(1,388,645総トン)、うち外国商船1隻(1,118総トン)[1]、利用客数は119,113人(乗込人員58,110人、上陸人員61,003人)である[2]

航路編集

津軽海峡フェリー編集

昭和39年6月、道南海運が運航を始めた日本初の外洋フェリー航路である[3]津軽海峡フェリー大函丸を通常期2往復、繁忙期3往復運航する。

かつて運航されていた航路 編集

  • 東日本フェリー

周辺編集

アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 港湾統計(平成27年度)第3部第1表
  2. ^ a b 港湾統計(平成27年度)第3部第2表
  3. ^ 社史-創業より20年- 東日本フェリー企画部編 p6
  4. ^ 社史-創業より20年- 東日本フェリー企画部編 p242-245
  5. ^ 社史-創業より20年- 東日本フェリー企画部編 p242-245

参考文献編集

関連項目 編集

  • 鉄道
    • 大間線 - 大間港を介して函館港と鉄道連絡船で結び、青函連絡船の航路を短縮する構想等で計画された未成線