大間町

日本の青森県の町

座標: 北緯41度31分36秒 東経140度54分27秒 / 北緯41.52667度 東経140.90750度 / 41.52667; 140.90750

大間町(おおままち)は、青森県下北郡下北半島の先端に位置し、本州最北端の自治体である。津軽海峡に面し、天気の良い日には対岸北海道を見渡す事ができる。大間まぐろはグルメのブランドとして人気が高い。建設中の大間原子力発電所がある。

おおままち
大間町
まぐろ一本釣の町おおま.jpg
大間崎にあるまぐろ一本釣のモニュメント
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 青森県
下北郡
団体コード 02423-6
法人番号 8000020024236
面積 52.10 km²
総人口 4,994
推計人口、2017年10月1日)
人口密度 95.9人/km²
隣接自治体 むつ市
下北郡風間浦村佐井村
北海道函館市とは海上国道279号線にて接続、隣接
町の木 クロマツ
町の花 ハマナス
他のシンボル 町の鳥:カモメ
大間町役場
町長 金澤満春
所在地 039-4692
青森県下北郡大間町大字大間字大間104
北緯41度31分36.3秒東経140度54分26.4秒
Oma town hall.JPG
外部リンク 大間町

大間町位置図

― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
太平洋から昇る朝日(大間崎)
本州最北端の石碑(大間崎)
シーサイドキャトルパーク大間(町営観光牧場)展望台から、大間の町、津軽海峡、北海道が望める。中央の校舎は大間高校である
シーサイドキャトルパーク大間(町営観光牧場)
大間崎漁港

目次

地理編集

歴史編集

北前船の寄港地であり、南部藩でありながら、文化的・血縁的にも、北回り航路の影響が濃い。

行政編集

  • 町長:金澤満春

姉妹都市・提携都市編集

国内

国外

産業編集

漁業及び観光を主産業とする。 電源開発による大間原子力発電所の立地計画が進んでいる。

近年「大間のマグロ」の知名度が高まったことにより、観光地としても脚光を浴びている。

漁業編集

主要海産物:マグロイカウニコンブ

  • 下手浜漁港
  • 奥戸漁港
  • 材木漁港

郵便編集

金融機関編集

地域編集

人口編集

 
大間町と全国の年齢別人口分布(2005年) 大間町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 大間町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
大間町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 7,673人
1975年 7,753人
1980年 7,624人
1985年 7,487人
1990年 7,125人
1995年 6,606人
2000年 6,566人
2005年 6,212人
2010年 6,340人
2015年 5,227人
総務省統計局 国勢調査より

警察・消防編集

教育編集

  • 高等学校
  • 中学校
    • 大間町立大間中学校
    • 大間町立奥戸中学校
  • 小学校
    • 大間町立大間小学校
    • 大間町立奥戸小学校

その他の機関編集

交通編集

路線バス

道路 : 町内には県道はなく、国道のみ立地する。

港湾

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

特産品編集

 
大間のマグロは名物として名高い
映画「魚影の群れ」で大間マグロとして知名度が上がる。町としては大間マグロを食べるツアーの企画や、こいのぼりのマグロ版「マグロのぼり」の作成を行っている。

大間を題材・舞台にする作品編集

出身人物編集

その他編集

脚注編集

  1. ^ ただし、放送当時は大間町に青森朝日放送の中継局が置かれておらず、対岸の北海道テレビ・函館中継局を視聴せざるを得ない状況となった。

外部リンク編集