本来の表記は「大阪泉州桐簞笥」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

大阪泉州桐箪笥(おおさかせんしゅうきりたんす)とは、大阪伝統工芸品の一つである箪笥経済産業大臣指定伝統的工芸品に指定されている。

元禄時代の大阪で生まれ、を使った製造技術が江戸時代に確立された。その後へて和泉に製造技術が広まり、産地形成される。

使用する桐材は厚く、胴丸型と呼ばれる角を丸く削った重厚な雰囲気を持ち、組み手の技術や数が多いことから“桐箪笥の最高峰”と言われる。

外部リンク編集