大阪薬科大学薬用植物園

大阪薬科大学薬用植物園(おおさかやっかだいがくやくようしょくぶつえん)は、大阪薬科大学が管理運営する薬用植物園である。

大阪薬科大学薬用植物園
施設情報
専門分野 薬用植物
事業主体 大阪薬科大学
開園 1924年
所在地 569-1094
大阪府高槻市奈佐原4-20-1
位置 北緯34度51分49.3秒 東経135度34分37.3秒 / 北緯34.863694度 東経135.577028度 / 34.863694; 135.577028座標: 北緯34度51分49.3秒 東経135度34分37.3秒 / 北緯34.863694度 東経135.577028度 / 34.863694; 135.577028
公式サイト http://www.ohu-u.ac.jp/facility/#shokubutsuen
テンプレートを表示

概要編集

1924年大阪府守口市の守口校舎に開園。1996年に高槻市に移転した[1]阿武山のふもと、高槻キャンパスの東端に位置する。植物園面積は4995m2で、800種余りの薬用植物を栽培する。原則として非公開であるが、4~7月および9~11月の第3土曜日には一般公開が行われる[2]セリ科マメ科キンポウゲ科シソ科の植物を栽培し、生薬学的研究に供していること[1]武田薬品工業京都薬用植物園東京都島しょ農林水産総合センターなど他の施設との連携で成果を上げている点も特徴の一つである[2]

脚注編集

  1. ^ a b (日本植物園協会 2015, p. 61)
  2. ^ a b 薬用植物園”. 大阪薬科大学. 2019年7月24日閲覧。

参考文献編集

  • 日本植物園協会『日本の植物園』八坂書房、2015年6月25日。ISBN 978-4-89694-191-3