大須賀一誠

日本の政治家

大須賀 一誠(おおすか いっせい、1948年9月16日 - 2018年4月4日)は、日本政治家。元愛知県額田郡幸田町長(2期)。

大須賀 一誠
おおすか いっせい
Issei Osuka (2014.03.23) 2.jpg
生年月日 1948年9月16日
没年月日 (2018-04-04) 2018年4月4日(69歳没)
死没地 愛知県岡崎市
出身校 明治学院大学
前職 鉄道保安会社員、幸田町職員
所属政党 無所属

当選回数 2回
在任期間 2010年8月30日 - 2018年4月4日
テンプレートを表示

経歴編集

1948年(昭和23年)9月16日に生まれ[1]国鉄関連の鉄道保安会社に勤めながら明治学院大学を卒業した[2]。公務員となる前には民間企業に6年間勤務している[3]。1975年(昭和50年)に幸田町に採用されて町職員となり[2]、総務課長や福祉部長を歴任した[4]。2006年(平成18年)には総務部長から助役に就任し[4][5]、2007年(平成19年)に改正地方自治法が施行されると副町長に移行した[5]

2010年(平成22年)に近藤徳光町長が3期目終了後の引退を表明すると[5]、近藤は大須賀を後継者に指名した[1]。8月22日には幸田町長選挙が行われ、元副町長の大須賀と元町議会議長の笹野康男が出馬[1][6]。大須賀は9,680票を獲得し、7,258票を獲得した笹野を破って幸田町長に就任した[1]

2014年7月29日には幸田町長選挙が告示されたが、大須賀のほかに立候補の届けはなく、無投票で再選が決定した[7][8][9]。2017年(平成29年)6月17日には愛知県町村会長に就任した[10]。また、全国町村会副会長にも就任している。深溝地区を発祥地とする深溝松平家島原藩主を務めた縁により、2017年(平成29年)10月には長崎県島原市姉妹都市提携を行った[11]。2017年(平成29年)12月には幸田町で全国で初めて自動運転車「レベル4」実証実験が行われた[12]。大須賀町長自らが実証実験の誘致に関わり、幸田町には全国からの注目が集まった[11]

前々任者の大浦猶之町長の任期中には、幸田町民会館幸田町立図書館などを含むハッピネス・ヒル・幸田が整備されている。大須賀はこれらの公共事業などで増えた借金を36億3000万円減らすなど、2期8年間の任期中には財政健全化に取り組んだ[7]。さらに幸田町の人口増加に対する基盤整備を進め、任期中には小学校2校で校舎を増築し、2018年(平成30年)4月1日には多世代交流施設「豊坂ほっと館」を開館させた[7]。2018年(平成30年)3月の定例町議会では、同年8月の幸田町長選挙に出馬する意向を示していたが、3月25日に腹痛を訴えて岡崎市民病院に入院し、4月5日に胸部大動脈瘤のために死去した[13][7][14][15]。なお、後任の町長には前副町長の成瀬敦が無投票で当選した。死後の2018年(平成30年)7月には旭日双光章が授与された[16]

人物編集

趣味はクラシックカメラ収集であり、100点以上のコレクションがある[2]明治学院大学時代には山岳部に所属し、谷川岳など日本各地の山を巡ったことで[2]、山岳写真の撮影を趣味としている[3]。次男には障害があるため[2]、介護や子育てなどへの関心が強い。座右の銘は老子の「曲なれば即ち全し」[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 「幸田町長に大須賀氏 元町議会議長の笹野氏破る」朝日新聞、2010年8月23日
  2. ^ a b c d e f 「幸田町長選 2候補はどんな人?」中日新聞、2010年8月20日
  3. ^ a b 大須賀一誠・愛知県幸田町長 時事通信、2011年1月18日
  4. ^ a b 「新助役に大須賀氏 幸田町」中日新聞、2007年9月7日
  5. ^ a b c 「副町長を辞職し大須賀氏出馬へ 幸田町長選」中日新聞、2010年3月24日
  6. ^ 「幸田町長選 新人対決激戦制す 当選の大須賀氏『幸せな町へ全力』」中日新聞、2010年8月23日
  7. ^ a b c d 「幸田町長が死去 大須賀一誠氏、財政健全化推進」朝日新聞、2018年4月5日
  8. ^ 「現職の大須賀氏、幸田町長に無投票再選」朝日新聞、2014年7月30日
  9. ^ 「幸田町長選 愛ある町づくり継続 無投票再選の大須賀さん」中日新聞、2014年7月30日
  10. ^ 「県の町村会長に大須賀・幸田町長」中日新聞、2017年6月14日
  11. ^ a b 「町の発展 誰よりも望む 死去した大須賀・幸田町長」中日新聞、2018年4月5日
  12. ^ 一般公道における遠隔制御型自動運転を実施…日本初、愛知県で Response、2017年12月15日
  13. ^ 「訃報 大須賀一誠氏 69歳=幸田町長」毎日新聞、2018年4月5日
  14. ^ 「訃報 大須賀幸田町長死去 69歳 先月入院 容態が急変」中日新聞、2018年4月4日
  15. ^ 「大須賀一誠さん死去 幸田町長の葬儀、知事ら1000人参列」毎日新聞、2018年4月8日
  16. ^ 「故大須賀 一誠氏に旭日双光章 地方自治の振興に貢献」広報こうた、2018年8月号、8頁
先代:
近藤徳光
  愛知県額田郡幸田町長
2010年 - 2018年
次代:
成瀬敦