メインメニューを開く

天の光はすべて星The Lights in the Sky Are Stars)』はアメリカ合衆国SF作家フレドリック・ブラウン1953年に発表した長編SF小説。ブラウンの長編としては2作目となる。

日本語訳は田中融二で、『星に憑かれた男』のタイトルで出版されたものもある。

発表時からは50年近い未来になる1997年、人類は宇宙に対する情熱を既に失っており、宇宙開発計画も長期間中断しているという世界で、無為の時間を過ごしていた57歳になる元宇宙飛行士マックス・アンドルーズが、木星探査計画を公約に立候補した女性の上院議員候補エレン・ギャラハーを知り、再び宇宙へと夢のために奮闘する様子を描く。

書誌情報編集

いずれも田中融二訳。

星に憑かれた男
天の光はすべて星
新装版

関連編集

  • 天元突破グレンラガン』 - 日本のテレビアニメ。最終話のサブタイトルが本作邦題から採られており、シリーズ構成と脚本を務めた中島かずきが本作の新装版に解説・エッセイを寄稿している。