メインメニューを開く

天寧寺(てんねいじ)は広島県尾道市東土堂町にある曹洞宗の寺院[3]

天寧寺
Sanjunoto Tower of Tenneiji Temple 3.jpg
三重塔
所在地 広島県尾道市東土堂町17-29[1]
位置 北緯34度24分34.9秒
東経133度12分2.3秒
座標: 北緯34度24分34.9秒 東経133度12分2.3秒
山号 海雲山
海雲山[1]
宗派 曹洞宗[2]
創建年 1367年(貞治6年)[1]
正式名 海雲山天寧寺
海雲山天寧禅寺(海雲山天寧禪寺)
文化財 三重塔(国の重要文化財)[1]
法人番号 7240005010930
天寧寺 (尾道市)の位置(広島県内)
天寧寺 (尾道市)
テンプレートを表示

歴史編集

文化財編集

重要文化財(国指定)編集

  • 天寧寺三重塔:1388年(嘉慶2年)に足利義詮が五重塔として建立。元禄5年(1692年)老朽化したため上部の2層(四重目・五重目)を取り除き、現在の三重塔(高さやく20メートル)の姿になった。弥勒菩薩が安置されている。別名海雲塔[3][4]

ギャラリー編集

交通アクセス編集

  • JR尾道駅から国道2号線を東へ、千光寺新道を徒歩30分[5]

出典編集

  1. ^ a b c d 『尾道の寺々 58ヶ寺』 11ページ
  2. ^ 『心のふるさと 第一集 寺』 21ページ
  3. ^ a b c d 『尾道の本Ver.2』備後レポート社、2016年、34頁。ISBN 9784-905-34625-8
  4. ^ 財間八郎 (1970). 心のふるさとシリーズ第三集 『文化財あれこれ』. 山陽日日新聞社. p. 73. 
  5. ^ みわ明編『古寺名刹みどころ事典』東京堂出版、2014年、336頁。

参考文献編集

  • 『尾道の寺々 58ヶ寺 第三版【改訂】』(2010年、尾道文化財協会)
  • 『心のふるさと 第一集 寺』(1968年復刻(1898年創刊)、山陽日日新聞創刊70周年記念)

外部リンク編集