メインメニューを開く

天岸慧広(てんがん えこう)は、鎌倉時代後期の臨済宗。俗姓は伴氏[1]

天岸慧広
文永10年 - 建武2年3月8日
1273年 - 1335年4月2日
諡号 仏乗禅師[1]
生地 武蔵比企郡[1]
宗旨 臨済宗
寺院 鎌倉報国寺
無学祖元高峰顕日
弟子 虎渓玄義在中広衍天中広運[2]
著作 『東帰集』[1]

経歴・人物編集

無学祖元に師事し、高峰顕日の法を嗣ぐ[1]元応2年(1320年物外可什らと共に渡元し、古林清茂らに学ぶ[1]元徳元年(1329年)物外可什、明極楚俊竺仙梵僊と共に帰国し、のち鎌倉報国寺を開山する[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『天岸慧広』 - コトバンク
  2. ^ 人名規範資料庫、2019年1月28日閲覧。