天才のパチンコ

天才のパチンコ(てんさいのパチンコ)及び天才のパチスロ(てんさいのパチスロ)は、2003年から2006年にかけてフジテレビ721で放送されていたパチンコ・パチスロ番組

概要編集

基本的にはスタジオに用意されたパチンコパチスロ機を用いたトーナメントバトルがメインの番組。バトルは1対1の差玉勝負形式で行われる。この他ほしのあきがパチンコホールに出向き新台で実戦を行うコーナーなどがあった。

出演者編集

この他バトルに太田光代爆笑問題太田光夫人、タイタン社長)がよく出場しており、事実上の準レギュラー扱いだった。

備考編集

山中は元々パチンコが趣味で、この番組が縁となり2005年から2010年にかけてサンケイスポーツ紙上でパチンコを題材とした同名のコラム(隔週連載)を担当していた(連載そのものは改題して現在も継続中)。