太任(たいじん)は、季歴の妃。文王の母。

摯任氏の中女として生まれた[1]。摯と疇の2国は任姓で、奚仲・仲虺の後裔であり、これが太任の実家である[2]という。太任は季歴にとつぎ、姫昌(文王)を産んだ[3]

太任は胎教をおこなった人としても知られる。太任は懐妊すると、目は醜い色を見ず、耳はみだらな音楽を聞かず、口は驕った言葉を出さないことで、胎児への教育をおこなった。豕牢小用を足そうとして文王を産んだものという。文王は生まれながらに明聖で、太任が教育をおこなうと、一をもって百を知るありさまであった[1]

脚注編集

  1. ^ a b 列女伝』母儀伝
  2. ^ 史記正義』所引『国語注』
  3. ^ 史記』周本紀