太陽に向かって

太陽に向かって』(たいようにむかって)は、2003年1月11日3月16日に渡って韓国SBSより放送されたテレビドラマ。全20話。クォン・サンウの初主演作品でもある。

太陽に向かって
各種表記
ハングル 태양 속으로
漢字 太陽 속으로
発音 テヤンソグロ
日本語読み: たいようにむかって
ローマ字 Taeyang Sog-eulo
英題 Into the Sun
テンプレートを表示

日本国内の関連メディアとして、ポニーキャニオンよりDVD-BOX、OSTが、竹書房よりノベライズが発売されている。

スタッフ編集

  • 企画:イ・ジョンハン
  • 脚本:ソ・ヒジョン
  • 演出:ムン・ジョンス、チョ・ナムグク
  • 撮影:ビョン・ジョンフン、ユ・ジョンソン

登場人物編集

  • カン・ソンミンクォン・サンウ
    海軍大尉。両親が幼い頃に他界し、以後妹とふたりきりに。勤務中は私情を持ち出さない、1本筋の通った真面目な熱血漢だが、スジンの前では三枚目な性格が出てしまう。スジンの入院をきっかけに、ヘリンに一目惚れする。単純・無知・自己中・過激(タンムジカ)とスジンにあだ名をつけられる。
  • チョン・ヘリンミョン・セビン
    外科医。1年前に最愛の人・ウジンを交通事故で亡くし、以来仕事一徹に。その後も心の傷となっている。極度の花粉アレルギー。特にユリが苦手。亡きウジンがプレゼントしてくれたヒマワリのペンダントが宝物。
  • キム・ジェヒョンチョン・テウ
    兵役任務中の水兵。ソンミンの部下。口が達者で無類の女好きの軟派者。休暇で訪れたクラブでスジンと出会う。当初は遊びのつもりだったが、スジンと付き合うことに。日を重ねる後とに、スジンを本気で愛するようになる。パソコンとテレビゲームが好きで、手先が器用。
  • カン・スジンキム・ジョンファ
    ソンミンの妹。兄同様の気性で、かなりのおてんば娘だが、兄思いで、勤勉な医学部学生。盲腸で入院した際、スンハが担当医だった。退院祝いに訪れたクラブでジェヒョンと出会う。ジェヒョンの軟派な性格を知らずに付き合うようになるが、出会いの印象からか、彼にぞっこん。
  • イ・スンハチョン・ソンファン
    大病院の息子。ヘリンの先輩でもあり、次期院長に有力視されている。ウジンと付き合う前からヘリンのことが好きで長いことアプローチするも、軽くいなされている。ソンミンの登場を良く思わず、何かと妨害策に出る。過去のウジンの事故に関与している噂がある。
  • ソン・ギチョルチョン・ソヨン
    海軍中尉。行動派なソンミンと対照的で気が合わない。スンハの後輩。
  • ユ・ボナイ・ユジン
    美容師。ヘリンの元恋人・ウジンの妹。美容院兼自宅に、ヘリンと共に暮らす。ウジンの他に姉が1人いるが、駆け落ちをした挙句、子供を連れて実家に戻ったらしい。ソンミンに惹かれる。
  • チョ・ジナオ・ジョウン
    ヘリンとスンハの勤める病院の看護師。スンハに片思いをしている。かなり明るい性格。
  • ユ・ウジンパク・ヒョンジュン
    ヘリンの元婚約者。交通事故で死去。どうやら純粋だったらしい。ヘリンのアレルギーのために、花専門のカメラマンに。住民登録番号は1057311。
  • マ・ジフンイム・デホ
    ソンミンの部下。ガラス工場の息子。
  • チョン・ジュノパク・イナン
    ヘリンの父。牧場を経営。娘を溺愛する。娘の自慢がもっぱらの楽しみ。
  • チャンホイ・ウォンジェ
    ヘリンの実家の牧場の使用人。ヘリンの父親とは数十年来の付き合いになり、気心が知れている。
  • チ・ファジャ/ジェヒョンの母チェ・ラン
    海軍の庁舎の前にある雑貨店の店主。女手ひとつでジョンヒョンを育てる。口は悪いがやさしい。
  • イ・マノチョン・ミョンファン
    海軍中佐。ソンミン達の上に就く編隊長。外出時にはいつも、ジェヒョンの実家の雑貨店に、板チョコを2枚買って帰る。バツ1.ソンミンの父と親しかったらしく、スジンを娘のように可愛がっている。
  • ミエ(♀)
    チョ看護師の友達。かつてスンハと同じ病院に勤めていたが、ある事件をきっかけに別の病院に移動した。

外部リンク編集