奈良原 喜左衛門(ならはら きざえもん)は、幕末薩摩藩士。本姓嵯峨源氏筒井氏流。このため代々本名は一字であった。)。家格は代々小番。奈良原助左衛門の長男。

 
奈良原 喜左衛門
時代 江戸時代末期(幕末
生誕 天保2年6月23日1831年7月31日
死没 慶応元年5月18日1865年6月11日
墓所 京都市東福寺塔頭即宗院
幕府 江戸幕府
薩摩藩
氏族 嵯峨源氏筒井氏流
父母 父:奈良原助左衛門
兄弟 喜左衛門
テンプレートを表示

経歴編集

鹿児島城高麗町の生まれ。『奈良原助左衛門』という当主が近思録崩れで遠島処分を、父の本(はじめ諱は彬。助左衛門)はお由羅騒動で謹慎処分を受けるが、この関係で「文化朋党実録」の記録から文化年間には既に高麗町に奈良原家が住んでいたことが分かる。

薬丸半左衛門薬丸自顕流を学び、達人と称され、また弓術にも長けていたという。「鹿児島市史三」の『薬丸家文書』に奈良原の入門誓紙文が記載されている。藩主島津斉彬の命で江戸一橋慶喜擁立に奔走するも、失敗したために帰国する。安政6年(1859年)、精忠組に加盟し、当初は尊皇攘夷を唱えるも、後に公武合体に転換する。

文久2年(1862年)、島津久光の率兵上京に従い、久光の命によって有村俊斎とともに激派の有馬新七らの説得に当たるも失敗する。さらに幕府への勅使・大原重徳に随従する久光に従って江戸に行く。その帰国の際の生麦事件で、行列を横切ったイギリスチャールズ・レノックス・リチャードソンに斬りつけたとされる。翌文久3年(1863年)7月に起きた薩英戦争では、海江田信義とともにスイカ商人に扮して敵艦を奪おうと画策するも失敗した。

その後は主に京都で活動し、元治元年(1864年)の禁門の変では、出水隊の物主(隊長)として活躍した。慶応元年(1865年)5月18日、京都二本松の薩摩藩邸において満33歳で没した。

生麦事件編集

英国人を斬りつけた実行犯とされるが、実弟である奈良原繁の孫の奈良原貢(函館オーシャン元投手)によると、斬り殺したのは繁だったが、繁は藩の実力者だったため、喜左衛門が身代わりになったという[1]。鹿児島では、この件で兄弟両家の関係が険悪になり、傷害沙汰もあったと言われる[1]

参考文献編集

  • 「文化朋党実録」
  • 「鹿児島市史三」

脚注編集

  1. ^ a b 沖縄はどう生きるか ③誰にも知られたくなかった沖縄の戦前の謎と戦後の闇 「琉球王」奈良原繁の暴政の数々 佐野真一、web集英社文庫