奉天(ほうてん)は、駄菓子の一種。

概要編集

ひと口大にカットされた棒菓子で、切奉天輪切奉天梅鉢(うめばち)とも呼ばれる。断面の模様が梅鉢紋に似ており、天神菅原道真)を祀る神社への奉納菓子としての歴史をもち、天神へ奉納する意から「奉天」の呼称が生じたとされている。

基本的な製法は、大豆ほどの大きさに丸めて植物油で揚げたかりんとう種を、練った水飴で包み込み、棒状に細く伸ばして切断する。かりんとう種を小さくして、奉天自体も小さく作ることができ、包み込む飴に色付けや味付けを施したものもある。湿気やすいので、乾燥剤を同封し、開封後は早めに消費するのが良い。

外部リンク編集

歯についても美味しい奉天~愛菓子案内人 VOL029