メインメニューを開く

奥州会津角定一家おうしゅうあいづかくさだいっか[要出典])は、福島県に本部を置く暴力団で、指定暴力団山口組の二次団体[1]。その創立から長らく博徒系の独立組織としてあり続けたものの、やがては山口組の傘下へと至り、同団体の一翼として東北地方に地盤を構築。『山口組の奥州鎮台』と称されてもきた。[2]

奥州会津角定一家
設立 大正時代
設立場所 会津若松
本部 福島県
首領 波入信一
上部団体 Yamabishi.svg 山口組1973年 - )

目次

来歴編集

会津若松を本拠地とする博徒組織として大正年間に創立。1973年(昭和48年)に五代目総長の木村茂夫が山口組田岡組長から親子盃を受け、これをもって直参組織(二次団体)として山口組に加入した。[2]

歴代総長編集

五代目:木村茂夫編集

1927年8月5日生。五代目山口組舎弟。[3]

六代目:小野守利編集

1939年7月11日生。菅谷組川内組の組員として活動したのち、三代目山口組の有力直系組織であった佐々木組に移籍。更に佐々木組の解散に伴い弘道会へと移籍した。山口組渡辺五代目の舎弟であった木村茂夫が1992年に病死。これに伴い奥州会津角定一家の跡目を継承し、翌1993年に山口組の直参に昇格。2000年代の後半頃に後藤組の処分問題が発生すると、井奥会会長の井奥文夫神戸三代目大門会会長の奈須幸則熊本二代目一心会会長の川﨑昌彦大阪浅川会会長の浅川桂次大阪太田興業組長の太田守正大阪二代目浅川一家総長の浅川睦男福岡とともにこれに連座。除籍処分となり、2008年をもって山口組を追われるに至った。[2]

七代目:波入信一編集

1948年生。テキヤの名門組織を率いていた。2009年に弘道会へ移籍。のち奥州会津角定一家の跡目を継承。[4]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『六代目山口組 完全データBOOK』メディアックス、2008年、ISBN 978-4-86201-328-6 のP.8
  2. ^ a b c 六代目山口組完全データBOOK 2008年版 : 『後藤組長除籍の余波と直参大量処分の真相とは?>小野守利 六代目奥州会津角定一家総長(福島)』 (p.140-141) 2009年2月 ISBN 978-4-86201-358-3 メディアックス
  3. ^ 山口組ドキュメント 五代目山口組:『五代目山口組本家組織図』 (付録),1990年,溝口敦ISBN 4-380-90223-4三一書房
  4. ^ 実話時報 2012年3月号:『六代目山口組<大検証>「武」と「智」:六代目山口組「直系組長85人」:波入信一 七代目奥州会津角定一家総長(福島)(特別付録) 2012年2月14日 竹書房