メインメニューを開く

一心会いっしんかい[要出典])は、大阪府大阪市中央区[1]宗右衛門町[2]に本部を置く暴力団山口組三代目組長田岡一雄舎弟であった韓禄春の結成による「富士会」という暴力団を源流とする組織で、指定暴力団六代目山口組の二次団体[3]

一心会
設立 20世紀
設立者 韓禄春
本部 大阪・宗右衛門町
首領 能塚恵
上部団体 Yamabishi.svg 山口組

目次

来歴編集

田岡一雄の舎弟であった韓禄春が「富士会」を結成。1960年の「明友会抗争」の際には報復の実行部隊を担った。のちに「一心会」として組織を再編。勢力を広域に拡張するなどで山口組内でも有数の有力組織となった。[3]

初代会長の桂木正夫は山口組五代目体制下にあって舎弟頭補佐の役を務め、1995年をもって引退。長年にわたり桂木の側近であった川﨑昌彦が同年内に会長に就任した。[3]

2000年代の後半期に後藤組の処分問題が発生すると、神戸井奥会熊本三代目大門会福島六代目奥州会津角定一家福岡二代目浅川一家、そして同じく大阪浅川会ならびに太田興業とともにこれに連座。山口組から除籍処分を受けた川崎が2008年をもって引退、当時若頭であった能塚恵が組織を継承した。[3]

2018年6月朋友会を傘下に高島伸佳会長を副会長に迎える。

歴代編集

富士会:韓禄春編集

田中禄春とも名乗った。三代目山口組舎弟。のち在日本大韓民国民団中央本部常任顧問。

初代:桂木正夫編集

1927年3月5日[4]。三代目山口組若中、四代目山口組若頭補佐、五代目山口組舎弟頭補佐。

二代目:川﨑昌彦編集

1939年8月8日[3]。初代体制下では系列組織の「川崎組」を率いた[5]。1995年における桂木の引退とともに組織を継承し、山口組五代目組長渡辺芳則から親子盃を受けた[3]。2008年に山口組から除籍処分を受け引退、跡目を能塚恵に譲った[3]

三代目:能塚恵編集

1960年[5]暴走族の総長であった若年期、当時川崎組の会長であった川﨑昌彦と縁を持ち、同組に加入[5]。それからというもの川崎の傘下で活動し、1998年に一心会の若頭補佐へ[5]。同会内に「能塚組」を結成した時期もあったが、のちに川崎組を復興したうえで自ら組長に就任、のち2006年に一心会の若頭へ[5]。先代の川﨑の引退に伴い2008年に組織を継承[3]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『六代目山口組完全データBOOK 2008年版』 : “六代目山口組 全直参88人完全データ>六代目山口組直系若衆” (p.5) 2009年 メディアックス ISBN 978-4-86201-358-3
  2. ^ 犯人隠避容疑で山口組一心会会長ら逮捕』 2011年10月20日 産経新聞
  3. ^ a b c d e f g h 『六代目山口組完全データBOOK 2008年版』 : “後藤組長除籍の余波と直参大量処分の真相とは?>川﨑昌彦 二代目一心会会長(大阪)” (p.141) 2009年 メディアックス ISBN 978-4-86201-358-3
  4. ^ 『山口組ドキュメント 五代目山口組』 : “五代目山口組本家組織図” (付録) 溝口敦 1990年 三一書房 ISBN 4-380-90223-4
  5. ^ a b c d e 『六代目山口組完全データBOOK 2008年版』 : “2008年昇格 新直参 精鋭12人:三代目一心会 能塚恵会長(中央)” (p.161-162) 2009年 メディアックス ISBN 978-4-86201-358-3