メインメニューを開く
奥平忠政像(光国寺蔵)

奥平 忠政(おくだいら ただまさ、天正8年(1580年) - 慶長19年7月2日1614年8月7日))は、江戸時代初期の武将大名上野吉井藩第2代藩主、後に美濃加納藩第2代藩主。加納藩初代藩主・奥平信昌の三男。母は徳川家康の長女・亀姫奥平家昌松平家治の弟、松平忠明の兄。正室は里見義頼の娘陽春院殿[1]。子に奥平忠隆(長男)。幼名は千松丸。官位は従五位下侍従飛騨守、摂津守。外祖父家康の養子となって松平姓を許されたため、松平忠政とも呼ばれている。

三河生まれで慶長2年(1597年)、菅沼定利の養子となり、菅沼忠政を名乗った。しかし定利が死去すると養子縁組を解消され、慶長7年(1602年)の父の隠居により、跡を継いで美濃加納藩主となった。しかし生来からの病弱であったため、父が実権を握って藩政を担った。

豊臣家徳川将軍家との関係悪化から、大坂への出陣も危惧されていた慶長19年7月2日(1614年)、父に先立って死去した。享年35。跡を幼少の忠隆が継いだ。法号は雄山宝永光国院。高野山奥の院に忠政の供養塔が存在する[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 滝川恒昭「里見義頼の娘「陽春院殿」とその周辺」『館山と文化財』51号、2018年。