奥旨塾、太道(たいどう)は日本武道の1つ。 関西圏を中心に活動していた日本古伝正法不動禅少林寺拳法(現、不動禅少林寺流拳法 )から1988年(昭和63年)に分派して設立された武道。 技法的には手足を使った打撃を中心とし、フルコンタクト系の空手に似ているとの評もある。 正式には日本太道連盟奥旨塾(にっぽんたいどうれんめいおうしじゅく)という。 代表者は中井道仁(なかいどうじん)。

奥旨塾
おうしじゅく・たいどう
飛び蹴りと受け
競技形式 防具付きKOルール
発生国 日本の旗 日本
発生年 1988年
創始者 中井道仁
源流 不動禅少林寺流拳法
主要技術 突き・蹴り・頭突き
テンプレートを表示

競技編集

手にはグローブ、顔にはスーパーセーフをつけてのKOルール。攻撃手段は打撃のみで、掴み、投げは禁止されているフルコンタクト・ルールである。スタミナ勝負になることが多く、打たれ強さと持久力が勝敗を左右する試合展開が多く見られる。

外部リンク編集