奥谷 浩一(おくや こういち、1946年 - )は、日本哲学者。専門は、哲学倫理学札幌学院大学名誉教授北海道出身。

人物編集

1970年北海道大学文学部卒。1972年北海道大学大学院文学研究科修士課程修了。1976年北海道大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学。その後、北海道大学文学部助手。札幌商科大学人文学部講師、札幌学院大学人文学部助教授、同人文学部教授を経て、2010年より札幌学院大学学長。2013年学長退任。人文学部教授。2015年定年退職。

この他、1999年から北海道自然保護協会理事や同常務理事を務める。また、2012年北海道社会貢献賞を受賞した。

哲学的人間学の研究やヘーゲル論理学の成立史研究などを主な研究対象とするほか、近年は環境倫理学などにも関心を持つ。

著書編集

単著編集

  • 『哲学的人間学の系譜―シェーラー、プレスナー、ゲーレンの人間論』 梓出版社、2004年
  • ハイデガーの弁明―ハイデガー・ナチズム研究序説』 梓出版社、2009年

訳書編集

関連項目編集

外部リンク編集

先代:
布施晶子
札幌学院大学学長
第10代: 2010年 ‐ 2013年
次代:
鶴丸俊明