女医肉奴隷』(じょいにくどれい)は1986年3月8日公開の日本映画。カラー、ビスタ。上映時間67分。にっかつが製作・配給したにっかつロマンポルノ

女医肉奴隷
監督 藤井克彦
脚本 大工原正泰
山下久仁明
出演者 麻生かおり
撮影 森勝
編集 山田真司
製作会社 にっかつ
配給 にっかつ
公開 日本の旗 1986年3月8日
上映時間 67分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 美姉妹肉奴隷
次作 スケバン肉奴隷
テンプレートを表示

概要編集

にっかつロマンポルノ末期の看板女優・麻生かおりの主演作。「制服肉奴隷」「令嬢肉奴隷」「美姉妹肉奴隷」に続く「肉奴隷」シリーズ第4作。自分と瓜二つな女が裏ビデオに出演していたことから、恋人との関係がもつれてしまう女医の姿を描く。当初、主役はにっかつの人気女優だった赤坂麗に決まっていたが、突如彼女の意向が変わり、成長株の麻生かおりがキャスティングされたという。[1]

あらすじ編集

女医の久美と同僚の医師、北見は恋人同士。そんな中、北見に想いを寄せる看護婦のりえに渡されたビデオテープを見ると、男と激しく絡み合う女が久美の姿であることに愕然とする。身に覚えのない久美は、りえからテープの入手先をきき、潔白を証明しようとするが・・・。

スタッフ編集

  • プロデューサー:鶴英次
  • 企画:作田貴志
  • 脚本:大工原正泰、山下久仁明
  • 撮影:森勝
  • 照明:西本充利
  • 録音:宮本久幸
  • 美術:沖山真保
  • 編集:山田真司
  • 選曲:伊藤晴康
  • 色彩計測:小川洋一
  • 助監督:金沢克次
  • 製作担当:高橋伸行
  • 現像:東映化学
  • 監督:藤井克彦
  • スチール:井本俊康(ノンクレジット)

キャスト編集

同時上映編集

花と蛇 飼育篇』

  • 原作:団鬼六 監督:西村昭五郎 脚本:掛札昌裕
  • 出演:小川美那子、矢生有里、坂元貞美、舵川まり子

『SM教室 失禁』(外部買取作品)

  • 製作:雄プロダクション 監督:広木隆一 脚本:加藤正人
  • 出演:沢口久美、あきよし杏子

脚注編集

  1. ^ 元日活企画部員. “第2部 Episode 3”. 日活ロマンポルノ館. 2014年3月9日閲覧。

外部リンク編集