メインメニューを開く
NWFA-FOOTBALL.jpg

女子アメリカンフットボール(じょし-)の多くのリーグでは男子選手とほぼ同様のルールでプレーされているがボールはより小さいものが利用されている。アメリカ合衆国ではセミプロまたはアマチュアレベルのものが多い。ハイスクールやカレッジでも女子チームがあるのはほんのわずかだが女子選手が男子選手と共にプレーすることが認められているチームもある。

目次

リーグ編集

アメリカ合衆国編集

カナダ編集

日本編集

日本には関東にレディコング(1990年に第一生命レディコングとして発足、1992年より第一生命クラブレディコング、1999年より現名称[1])、東京コルツ[2]Eagles(イーグルス)[3]、関西にクラブワイルドキャッツの4チームが存在している[4]。1991年から2000年まではQueen Bowlが開催された[1]

ヨーロッパ編集

ドイツオーストリアフィンランドスウェーデンイタリアなどで行われている。

ランジェリーフットボール編集

大部分の女子アメリカンフットボールリーグとランジェリー・フットボール・リーグには大きな違いがある。ランジェリー・フットボール・リーグはセックスアピールを売りにしており防具も簡素なもので肌の露出が多い。より狭いインドア・フットボール英語版のフィールドで行われるため体の大きいディフェンシブラインマンが必要とされない。(セックスアピールを売り物としているが試合は真剣勝負で元NFL選手がヘッドコーチを務めているチームもある。)

解散または休止したリーグ・組織編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b History & Stats”. レディコング. 2010年9月23日閲覧。
  2. ^ 女子アメフトチーム東京コルツ”. 東京コルツ. 2010年9月23日閲覧。
  3. ^ 女子アメフトチーム Eagles(イーグルス)”. Eagles(イーグルス). 2015年5月20日閲覧。
  4. ^ WILD CATS”. クラブワイルドキャッツ. 2010年9月23日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集