妙安寺 (大田区)

東京都大田区にある寺院

妙安寺(みょうあんじ)は、東京都大田区蒲田にある日蓮宗の寺院。山号は行方山。旧本山は池上本門寺、池上芳師法縁。

妙安寺
Myoan-ji (Ota, Tokyo).JPG
所在地 東京都大田区蒲田4-18-15
位置 北緯35度33分38.0秒 東経139度43分22.4秒 / 北緯35.560556度 東経139.722889度 / 35.560556; 139.722889座標: 北緯35度33分38.0秒 東経139度43分22.4秒 / 北緯35.560556度 東経139.722889度 / 35.560556; 139.722889
山号 行方山[1]
宗派 日蓮宗
本尊 一尊四士
創建年 永禄年間(1558年-1569年)
開山 円光院妙安尼
法人番号 1010805000283 ウィキデータを編集
妙安寺 (大田区)の位置(東京都区部内)
妙安寺 (大田区)
テンプレートを表示

歴史編集

永禄年間(1558年-1569年)円光院妙安尼が夫の行方修理亮義安討ち死に後、兄の斉藤政賢の屋敷内に開創した庵室が起源。天正17年(1589年池上本門寺妙本寺両山11世仏寿院日現が玄首院日建を勧請開山として寺に改めた[1]昭和20年(1945年東京大空襲で諸堂を焼失する。

八幡講編集

明治初年の神仏分離に際して、蒲田八幡宮の八幡神像を妙安寺の七面堂に移して毎年1月に八幡講が行われていた。この像は寺伝によると、右手に軍配、左手に経巻を持つ僧形で、日現が古川薬師安養寺との法論に勝利したことを記念し仁王像とともに持ち帰り、論破の証左として軍配を持たせたとものいう。東京大空襲によるこの像の焼失により八幡講は廃止され、再開されていない。

脚注編集

参考資料編集