子子子子子子子子子子子子

日本の言葉遊び

子子子子子子子子子子子子(ねこのここねこ ししのここじし)は、日本言葉遊びである。「の子仔猫、獅子の子仔獅子」と読む。この問題を考え出したのは嵯峨天皇、解いたのは小野篁であると伝えられている。

嵯峨天皇の時代、内裏に「無悪善」と書いた立て札が立てられた。天皇が篁に読み方を尋ねたところ「さが(悪)なくてよからん(嵯峨天皇がいなければよいのに)」と読んだため、読めたのは篁が書いたために違いないとして怒った天皇は、自分は何でも読めるのだと弁明する篁に「子」の字を12個連ねたものを差し出し「ならば、これが読めるか」と問うたところ、「ねこのここねこ、ししのここじし」とたちどころに読んだため、天皇の怒りが解けたという[1]

解説と成立時期編集

」という漢字には、「ね」(訓読み十二支から)、「こ」(訓読み)、「し」(音読み呉音及び漢音)、「じ」(「し」の変化形)の4通りの読み方がある。このため、このような読み方が可能となる。篁の機転をあらわす話であるといえる。

この話の初出は宇治拾遺物語(建暦3年(1213年) - 承久3年(1221年)頃成立)の巻第三の十七「小野篁広才の事」である。 前半の「無悪善」のくだりは平安時代後期江談抄の第三(康和6年/長治元年(1104年) - 嘉承3年/天仁元年(1108年)ごろ成立)が初出で、十訓抄(建長4年(1252年)成立)の第七などにも出てくる[1]が、後半の話は「子子子子子子子子子子子子」ではなく「一伏三仰不来待書暗降雨恋筒寝」(月夜には来ぬ人 待たるかきくもり 雨も降りなん 恋いつつも寝ん)となっている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 小林智昭訳『日本古典文学全集28 宇治拾遺物語』小学館、1987年(昭和62年)5月30日、第十六版、p165

関連項目編集