メインメニューを開く

孔 尚任(こう しょうじん、拼音:Kǒng Shàng-rèn、順治5年9月17日(1648年11月1日) - 康熙57年1月15日(1718年2月16日))は、中国、初の戯曲作家、詩人。字は聘之または季重。号は東塘、岸堂、云亭山人。孔子の64世の子孫[1]。戯曲「桃花扇」は清代伝奇の代表作である。

孔尚任
孔尚任.jpg
プロフィール
出生: 1648年11月1日
死去: 1718年2月16日
職業: 劇作家・詩人
籍貫地 山東省曲阜県
出生地: 山東省曲阜県
死没地: 山東省曲阜県
各種表記
繁体字 孔尚任
簡体字 孔尚任
拼音 Kǒng Shàngrèn
テンプレートを表示

目次

生涯編集

山東省曲阜県に生まれた。1684年康熙帝の曲阜行幸の際に召出されて国子監博士に任ぜられた。1686年から3年間、淮安揚州で河川工事に関わった後、北京に戻る。揚州では冒襄、鄧孝威、杜宇皇、石濤の遺民と交遊した。北京に戻ってからは戸部主事を経て戸部広東司員外郎に昇進した。1699年に代表作「桃花扇」を書き上げ、翌1700年に官職を辞し故郷に帰った。7年後に「桃花扇」を出版。1718年に曲阜の自宅で死去した[2]

董其昌陳継儒王思任、楊龍友、黄公望倪瓚、王時敏、夏雲鼎とあわせて「金陵九子」と呼ばれた。

著作編集

代表作の戯曲「桃花扇」の他、「出山異数記」一巻、詩文集「湖海集」十三巻などがある[3]

出典編集

脚注編集

  1. ^ 『中国古典文学大系 53』p.553 。
  2. ^ 『中国古典文学大系 53』p.553-554 。
  3. ^ 『中国古典文学大系 53』p.554 。