孔 昭(こう しょう、生年不詳 - 461年)は、北魏官僚本貫魏郡鄴県

経歴編集

始光初年、亡き密皇后と親しかったことから、汝陰侯の爵位を受け、安東将軍の号を加えられた。魏県侯の爵位に転じ、安南将軍の号を受けた。趙郡太守として出向し、有能で知られた。召還されて光禄大夫の位を受け、中都大官に転じた。行政や刑罰に明るく、刑事裁判を良く裁いた。侍中・鎮東将軍・幽州刺史に転じ、魯郡公の爵位に進んだ。461年和平2年)、死去した。は康公といった。

子女編集

  • 孔羅漢(長男、東宮洗馬)
  • 孔伯恭
  • 孔伯孫(中書博士、魯郡公、鎮東将軍・東萊鎮将、東徐州刺史、事件に連座して免官され、家で死去した)

伝記資料編集