孝章皇后(こうしょうこうごう、952年 - 995年)は、北宋の太祖趙匡胤の皇后(3番目の正妻)。後唐荘宗の外曾孫で、後漢の高祖劉知遠の外孫。姓は宋氏

宋皇后
北宋の皇后
在位 968年 - 976年

別称 開宝皇后、孝章皇后
出生 広順2年(952年
死去 至道元年4月28日
995年5月30日
埋葬 永昌陵
配偶者 太祖趙匡胤
父親 宋偓
母親 永寧公主
テンプレートを表示

生涯編集

河南府洛陽県の人。父は宋偓(後唐の荘宗の娘であった義寧公主の子)。母は後漢の高祖の娘であった永寧公主。

宋の乾徳5年(967年)、後宮に入って朝見し、太祖が気付いた。乾徳6年(968年)2月、皇后に立てられた。

開宝9年(976年)、太祖が急死し、弟の趙光義(太宗)が即位した。太宗が即位すると、皇嫂(皇帝の兄嫁)たる開宝皇后と尊称された。太平興国2年(977年)、西宮に入住した。雍熙4年(987年)、東宮にうつった。

至道元年(995年)4月、崩じた。「孝章」とされ、永昌陵に附葬された。

逸話編集

司馬光の『涑水紀聞』によると、夜分に太祖が崩御した時、皇后宋氏は宦官の王継恩を遣わし、皇子の秦王趙徳芳(太祖と孝明皇后の子)を参入させ皇位を継承させようとした。しかし王継恩は皇弟の晋王趙光義を参入させた。皇后は趙光義を見るや否や仰天し、号泣して「われら母子の命はひとえに貴方お一人の手にかかっています」と言った。趙光義は「共に富貴を保とう。憂慮無きよう」と慰め、太祖の棺の前において即位した。

系図編集

 
 
 
 
李存勗
(後唐の荘宗)
 
 
 
 
 
 
 
 
宋廷浩
 
義寧公主
 
劉知遠
(後漢の高祖)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宋偓
 
 
 
永寧公主
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
孝章皇后
 
趙匡胤
(宋の太祖)
 
孝明皇后
 
趙光義
(宋の太宗)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
趙徳芳
 
 
 
趙恒
(宋の真宗)

伝記資料編集

関連項目編集