孫 乾(そん けん、生没年不詳)は、中国後漢末期の政治家。公祐青州北海郡の人。『三国志志に伝がある。

孫乾
成都武侯祠の孫乾塑像
蜀漢
秉忠将軍
出生 生年不詳
青州北海郡
拼音 Sūn Qián
公祐
主君 劉備
テンプレートを表示

略歴編集

劉備陶謙の跡を継いで徐州刺史となったとき、招聘を受けて従事となった。裴松之の注が引用する『鄭玄伝』によると、同郷の鄭玄が州に推挙したため、招聘されたとある。

呂布が徐州を奪い取ると、劉備につき従って曹操の元に身を寄せた。後に劉備が曹操から離反したとき、冀州袁紹への使者として派遣された。劉備が袁紹の元を離れて荊州劉表を頼ったときは、糜竺と共に劉表への使者として赴いている。

劉表は袁尚に対し、袁尚と袁譚の抗争について「劉備や孫乾らと話し合うたびに心を痛めている」という内容の手紙を送ったという。

214年、劉備が益州を領有すると、従事中郎から秉忠将軍に昇進し、糜竺に次ぐ簡雍と同等の待遇を受けたが、間もなく死去した。

『三国志演義』での孫乾編集

小説『三国志演義』では、陶謙が臨終時に徐州を劉備に譲ることを決めたとき、劉備を輔佐する人材として孫乾を推挙したことになっている。劉備の文官・外交官として正史以上の活躍を見せるとともに、関羽趙雲張飛の助言役として活躍することもあったように描かれている。

『三国志演義』よりも古い『三国志平話』では、簡雍に次ぐ古参の1人として劉備の黄巾軍討伐に従っている描写もある。