宇佐美 斉(うさみ ひとし、1942年9月15日[1] - )は日本のフランス文学者京都大学名誉教授。専門はランボーなどのフランス詩だが、日本の詩についても論じる。

来歴・人物編集

愛知県名古屋市出身。1961年愛知県立旭丘高等学校卒業。1965年京都大学文学部仏文科卒。1967年同大学院修士課程修了、関西学院大学文学部助手、専任講師、助教授を経て、1980年京都大学人文科学研究所助教授。1990年、『落日論』で和辻哲郎文化賞受賞。93年教授、2006年定年退職、名誉教授

著書編集

  • 『詩と時空 宇佐美斉評論集』深夜叢書社 1974
  • 『ランボー私註』国文社 1979
  • 立原道造筑摩書房「近代日本詩人選17」1982、新装版2006
  • 『落日論』筑摩書房 1989
  • 『フランス・ロマン主義と現代』筑摩書房(京都大学人文科学研究所研究報告)1991
  • 『詩人の変奏 ことばと生のあいだ』小沢書店 1992
  • 『太陽の記憶』淡交社 1994。佐藤旭写真
  • 『フランス詩道しるべ』臨川書店 1997
  • 『作家の恋文』筑摩書房 2004
  • 中原中也とランボー』筑摩書房 2011
  • 清岡卓行の円形広場』思潮社 2016

編著編集

翻訳編集

  • フェルナンド・アラバール『鰯の埋葬・バビロンの邪神』白水社(新しい世界の文学 1974
  • 『素顔のランボー ドラエー/イザンバール/マチルド/イザベルの回想と証言』白水社 1978、筑摩叢書 1991
  • 『アルチュール・ランボー詩集』全2冊 臨川書店 1992
  • エリュアール詩集』小沢書店(双書・20世紀の詩人 1994
  • 『ランボー全詩集』ちくま文庫 1996

参考編集

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』