宇文 盛(うぶん せい、? - 580年)は、北周の皇族。越野王。宇文泰の第10子。立久突

生涯編集

武成初年(559年)に越国公になり、建徳3年(574年)には王に進む。北斉平定後は上柱国・相州総管・大冢宰が加えられる。大象2年(580年)7月、尉遅迥の乱の最中、趙王宇文招楊堅を暗殺しようとするが失敗。連座して諸子もろとも処刑された。