北斉
東魏
柔然
550年 - 577年 北周
高斉の位置
北斉と北周・陳・後梁
公用語 漢語(中国語
首都
皇帝
550年 - 559年 文宣帝
559年 - 560年廃帝
560年 - 561年孝昭帝
561年 - 565年武成帝
565年 - 576年後主
(576年 - 576年)(安徳王)
577年 - 577年幼主
変遷
東魏より禅譲 550年
北周によって滅亡577年
中国歴史
先史時代
伝説時代
三皇五帝
黄河文明
長江文明
遼河文明
西周

東周
春秋時代
戦国時代
前漢
後漢

孫呉

蜀漢

曹魏
西晋
東晋 十六国
劉宋 北魏
南斉

(西魏)

(東魏)

(後梁)

(北周)

(北斉)
 
武周
 
五代十国 契丹

北宋

(西夏)

南宋

(北元)

南明
後金
 
 
中華民国 満洲
 
中華人民
共和国
中華
民国

台湾

北斉(ほくせい、550年 - 577年)は、中国南北朝時代に高氏によって建てられた国。国号は単にであるが、春秋戦国時代や南朝のなどと区別するために北斉・高斉と呼ぶ。

歴史編集

国祖の高歓北魏末期の六鎮の乱に加わったが、爾朱栄に鎮圧された。爾朱栄が孝荘帝に殺されると自立して爾朱氏を滅ぼし、孝武帝を擁立して北魏の実権を握った。後に孝武帝が宇文泰の元へと逃がれると孝静帝を擁立して東魏を建て、宇文氏の西魏と対立した。

547年に高歓が死ぬと長男の高澄が後を継ぐが、その直後に河南大行台の侯景が背いて州都もろとも南朝梁に帰順するという事件が発生する。高澄は慕容紹宗を派遣して侯景・梁軍を撃破した。南朝梁に逃れた侯景はその後反乱を起こし、南朝梁を事実上の滅亡に追い込んだ(侯景の乱)。

549年、高澄が南朝梁からの降人の蘭京に殺されると、高澄の同母弟である高洋(文宣帝)が後を継ぎ、翌550年に孝静帝から禅譲を受け北斉を建てた。

文宣帝は華北の支配をめぐり北周と争う一方、北方に勃興した突厥を撃破するなど、軍事面では優勢であったものの、北斉の国内では「勲貴」と呼ばれる鮮卑系武人と漢族を中心とする文人官僚が内部抗争を繰り広げた。北斉後期になると、さらに「恩倖」と呼ばれる皇帝側近の勢力が抗争に加わり、これら三者による対立が激化して北斉の求心力は低下した。後主の時期には、名将斛律光ら勲貴層が粛清され、北周や南朝陳に対する軍事的優位を失った上、その後も漢人官僚と恩倖による内紛が続き、国内は混乱した。このような状況の中、北周の武帝の侵攻に対応できず敗北を続け、577年に滅亡した。

王朝滅亡後、旧北斉皇族は当初は武帝に寛大な処置を示されていたが、後に北斉の重臣であった穆提婆の反乱未遂の告発に連座してそのほとんどが処刑されており、高歓直系の末裔としては681年(北斉滅亡から104年後)に高澄の子の高長恭の孫(高歓直系で記録に残っている数少ない玄孫)とされる高元簡なる人物と、隋代に第4代皇帝である武成帝の四男の高廓の子孫(高君緒(高廓の子)・高玄景・高元思の親子3代)が辛うじて確認されている。また、女系では高歓の娘の一人潁川長公主が段韶の長男の段懿との間に男子である段宝鼎を儲けている。段宝鼎の妻は文宣帝の娘の中山長公主である。他に司馬消難が高歓の娘(名前不詳の公主)を娶っている。司馬消難には司馬泳・司馬潭・司馬令姫(北周の第5代皇帝静帝の妃)の2男1女がいるが、3人の母が高歓の娘かは不明で少なくとも正史では司馬令姫の母に関する記載はない。

傍系の末裔としては、高歓の従弟である高岳の孫の高士廉の子孫が少なくとも唐代末の9世紀後半までに8世孫(高士廉から数えて9代目)にわたって存続している。また、高士廉の妹は長孫無忌長孫皇后兄妹の母となり、長孫皇后は唐の第2代皇帝太宗の皇后となり、3男4女を儲けた。そのうちの三男が唐の第3代皇帝高宗である。故に高士廉は長孫兄妹の伯父で、高宗の大伯父となり、唐皇族と縁戚関係がある。唐は907年に滅亡するまで高宗の子孫が帝位を継承したため、最後の皇帝である哀帝まで北斉皇族の血筋がそちらでも存続した。

北斉の皇帝編集

  • 高澄東魏の斉王(549年
  • 高洋:東魏の斉王(549年 - 550年
  • 高歓:文宣帝により太祖献武帝、後主の代で高祖神武帝と追尊。
  • 高澄:文宣帝により世宗文襄帝と追尊。
  1. 顕祖文宣帝(高洋、在位:550年 - 559年
  2. 廃帝(高殷、在位:559年 - 560年
  3. 粛宗孝昭帝(高演、在位:560年 - 561年
  4. 世祖武成帝(高湛、在位:561年 - 565年
  5. 後主(高緯、在位:565年 - 576年
    • 安徳王(高延宗、在位:576年) - 北周の侵攻の中で奮戦し、後主が逃亡後の混乱の中で皇帝に即位するが、北周に敗北して囚われた。通例では皇帝の代数には加えられていない。
  6. 幼主(高恒、在位577年
  • 高儼:後主により楚恭哀帝と追尊。

系図編集

※括弧内の矢印横の名前は、殺害された相手の名前を指す。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高謐
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(追)文穆帝
高樹生
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高翻
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(追)神武帝
高歓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
清河王
高岳
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(追)文襄帝
高澄
 
上党王高渙
(←文宣帝)
 
永安王高浚
(←文宣帝)
 
1文宣帝
高洋
 
3孝昭帝
高演
 
4武成帝
高湛
 
博陵王高済
(←後主)
 
楽安王
高勱
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河南王高孝瑜
(←武成帝)
 
 
河間王高孝琬
(←武成帝)
 
2廃帝高殷
(←孝昭帝)
 
太原王高紹徳
(←武成帝)
 
楽陵王高百年
(←武成帝)
 
5後主高緯
(←北周)
 
(追)楚恭哀帝
高儼(←後主)
 
長孫晟
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蘭陵王高長恭
(←後主)
 
安徳王高延宗
(←北周)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6幼主高恒
(←北周)
 
 
 
 
 
(唐)長孫皇后

年号編集

  1. 天保(550年 - 559年)
  2. 乾明(560年)
  3. 皇建(560年 - 561年)
  4. 太寧(561年 - 562年)
  5. 河清(562年 - 565年)
  6. 天統(565年 - 569年)
  7. 武平(570年 - 576年)
  8. 隆化(576年)
  9. 承光(577年)

参考資料編集

関連項目編集

先代:
東魏
北斉
550年 - 577年
次代:
北周