宇田 有三(うだ ゆうぞう、1963年 - )は、日本フォトジャーナリストである[1]

兵庫県神戸市出身。[2] 1992年にエルサルバドルで取材を行い、フリーのフォトジャーナリストとしての活動を始める[2]。1993年に教職員の職を辞してアメリカでフォトジャーナリストを学ぶ[2]。 1995年、神戸大学大学院国際協力研究科修了[3]。その後、ミャンマー、東南アジア、アメリカなどを対象にフォトジャーナリズムを行っている[1][2]ラジオフォーラムにて海外情勢について語るなど報道メディアにも出演している[4]

受賞編集

  • 『毎日フォトコンテスト 文部大臣奨励賞』(1992年[3]
  • 『平和・共同ジャーナリスト基金奨励賞』(1998年[2]
  • 『「視点賞」奨励賞』(2001年[2]
  • 『黒田清・日本ジャーナリスト会議新人賞』(2002年[2]

著作編集

出典編集

  1. ^ a b 「宇田有三の世界に触れる」 Perth Express 2015/02
  2. ^ a b c d e f g 宇田 有三 Yuzo Uda
  3. ^ a b プロフィール
  4. ^ 第134回「激変するミャンマー、日本との関係はどうなる?」 - ラジオフォーラム

外部リンク編集