メインメニューを開く

守田有秋(もりた ゆうしゅう、1882年3月5日-1954年1月28日)は、日本の評論家、翻訳家。

岡山県出身。本名は文治。東京専門学校中退。1900年山川均と創刊した雑誌『青年の福音』で皇太子の結婚を論じ、不敬罪で3年間入獄。のち東京二六新聞記者となる[1]

著書編集

  • 『通俗日露戦争史』商工之日本社 1907
  • 『自然と人』博盛堂 1910
  • 『兄と妹』日吉堂 1912
  • 『一語千金 金言一万集』編 日吉堂本店 1915
  • 『木の葉のさゝやき』日吉堂 1915
  • 『瑞西より』日吉堂本店 1918
  • 『破滅より新生へ』守田文治 小西書店 1924
  • 『石に打たるゝ女』一人社 1925
  • 『自由恋愛と社会主義』文化学会出版部 1925 日本図書センター 2002
  • 『自由恋愛秘話』平凡社 1930
  • 『変態性慾秘話』平凡社 1930
  • 『燃ゆる伯林』平凡社 1930
  • 『同性愛の研究』人生創造社 1931
  • 『戦争随筆』人文書院 1938
共著

翻訳編集

  • セーキスピーア『アントニイとクレオパトラ』日吉堂 名著叢書 1914
  • 『一千一夜物語 アラビヤンナイト』日吉堂本店 名著文庫 1914
  • セーキスピーア『オセロー』大川屋書店 名著叢書 1914
  • レオニイド・アンドレエエフ『星の世界に』日吉堂本店 名著叢書 1914
  • ヘルマン・ズーデルマン『マグダ 一名・故郷』日吉堂 名著叢書 1914
  • ホフマンスタール『ヱレクトラ姫 女ハムレツト』集栄館 泰西傑作叢書 1923
  • 『独逸抒情詩集』訳 紅玉堂書店 1926
  • スエン・ヘデイン『北極と赤道 探検物語』平凡社 1926
  • 『ユートピア全集』編 解放社 1927
  • 『世界各國著名文書集』守田文治 解放社 1927
  • 『世界革命婦人列伝』編 解放社 1929

脚注編集