安房三枝藩(あわさいぐさはん)は、江戸時代初期の安房国に短期間存在した1638年の立藩から2年足らずで消滅しており、詳細はほとんどわかっていない。藩の名は藩庁所在地の地名ではなく、藩主三枝守昌の名字による。

沿革編集

 
御蔵陣屋
 
北条陣屋
関連地図

三枝氏はもともと甲斐国の豪族であり、戦国時代には三枝虎吉昌貞(守友)親子が武田信玄勝頼足軽大将として仕えた。昌貞は長篠の戦いで戦死しているが、武田氏滅亡後に甲斐を領した徳川氏によって、存命であった虎吉や、昌貞の弟である昌吉、昌貞の遺児である守吉[注釈 1]が召し出された。安房三枝藩の藩主となる守昌は昌吉の子である。

寛永諸家系図伝』に拠れば、三枝守昌関ヶ原の戦い大坂の陣において武功を挙げ、徳川忠長に仕えて1万5000石を与えられたが、忠長改易に連座して失脚したという。その後、再び幕臣として召し出されている。寛永15年(1638年)2月8日、守昌は安房国安房郡平群郡朝夷郡内に1万石が与えられ、諸侯(大名)に列した。

しかし、翌寛永16年(1639年)閏11月29日に守昌は死去している。跡を継いだ守全(もりあきら)は、遺領1万石のうち3000石を弟の諏訪頼増に分与し、自身は7000石を領する旗本となったため、この藩は立藩から2年足らずで廃藩となった。このため、見るべき治績も無い。

守昌の墓がある智蔵寺(現在の南房総市山名)付近にある御蔵陣屋[1]が藩庁であったと考えられている[1]。ただし、北条陣屋(現・館山市北条。北条藩参照)は屋代氏が入る前に守昌の陣屋であったとする資料もある[1]

歴代藩主編集

三枝家

1万石。譜代

  1. 三枝守昌(もりまさ) 〈従五位下、伊豆守〉

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 守吉は幕府の旗本となり、子孫は近江国に移って近代まで存続している。

出典編集

  1. ^ a b c 御蔵陣屋 (pdf)”. 千葉県教育振興財団研究紀要 第28号 房総における近世陣屋. 千葉県教育振興財団. p. 83 (2013年3月). 2018年4月15日閲覧。

関連項目編集

  • 館山藩 - 三枝藩成立以前に安房一国を治めた藩で、慶長19年(1614年)改易。
  • 北条藩 - 三枝藩と同時に安房国で成立した藩。北条藩主屋代忠正も三枝守昌と同様、徳川忠長の旧臣である。