安斎 実(あんざい みのる、1911年10月7日[1] - 1997年12月22日[2])は、ライフル選手、砲術史研究家。

経歴編集

東京出身。暁星中学校卒、1935年明治大学卒。中学時代から射撃を始め、1950年全日本選手権、51年国体で優勝、1969年JOC常任委員、監督としてオリンピックに六回出場、86年のアジア大会では選手団長、87年日本ライフル射撃協会会長、のち名誉会長。三協食品工業勤務、相談役[3]。砲術史についても著作がある。

著書編集

  • 『砲術 その秘伝と達人』雄山閣出版 1965
  • 『江戸時代砲術家の生活』雄山閣出版 生活史叢書 1969
    • 『砲術家の生活』雄山閣出版 生活史叢書 1989(増補版)
  • 『砲術図説』日本ライフル射撃協会 1988
共編
  • 『日本古式銃の型』共編 日本前装銃射撃連盟 1994

編集

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、50頁。
  2. ^ 『人物物故大年表』
  3. ^ 『現代日本人名録』1987

関連項目編集