安東 宣季(あんどう のぶすえ)は、室町時代後期から戦国時代にかけての武士湊安東氏6代当主。

 
安東宣季
時代 室町時代後期 - 戦国時代
生誕 不明
死没 天文2年(1533年)?
別名 通称:湊二郎、湊左衛門佐入道
戒名 月堂
官位 左衛門佐
氏族 湊安東氏
父母 父:安東宗季
堯季
テンプレートを表示

略歴編集

安東氏の系譜には様々な異伝があり、特に湊家は後に子孫が絶えたため系図が混乱している。先祖と同名を名乗る者も多く、途中改名もしばしば行われたこともあり、事績が混同していることも原因の一つである。そのような湊家の歴代当主の中、宣季は系図等の二次史料にしか明確に確認されておらず、寺社に残った一次史料には存在が確認されていない。

安東宗季の子として誕生。宣季の事績はほとんど残っていないが、大永4年3月7日1524年4月10日)付けで細川高国が湊安東左衛門佐入道に出した礼状が残っている[1][2]

没後は子・堯季が跡を継いだ。

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 遠藤 1999年
  2. ^ 「秋田藩家蔵文書と「戦国時代の秋田」」『秋田県公文書館研究紀要』第17号pp.22

出典編集

  • 塩谷順耳ほか 『新版県史 秋田県の歴史』 山川出版社、2001年、ISBN 4634320509
  • 遠藤巌 「湊學氏所蔵秋田湊文書」『青森県史研究』第3号、1999年
  • 佐藤隆「秋田藩家蔵文書と「戦国時代の秋田」」『秋田県公文書館研究紀要』第17号