安里 進(あさと すすむ、1947年 - )は、沖縄県出身の考古学者歴史学者。専攻は考古学琉球史[1]。沖縄県立芸術大学名誉教授[2]

経歴編集

沖縄県那覇市首里に生まれる。琉球大学法文学部史学科を卒業し、民間企業に勤める。のち、大阪府教育委員会埋蔵文化財の調査に従事。高良倉吉(歴史学者)らの誘いで、浦添市に転じ、浦添市美術館の創設に従事。

浦添市教育委員会文化部長。また浦添ようどれ発掘調査に従事。沖縄県立芸術大学教授などを経て、2013年より沖縄県立博物館・美術館館長(〜2016年[3]

著書編集

『沖縄人はどこから来たか―琉球・沖縄人の起源と成立』(共著、ボーダーインク刊)、 『琉球の王権とグスク』(山川出版社)など。

注釈編集

  1. ^ 安里進ほか『沖縄県の歴史』山川出版社
  2. ^ 安里進ほか『沖縄県の歴史』山川出版社
  3. ^ 沖縄県立博物館・美術館年報 https://okimu.jp/userfiles/files/page/museum/issue/kanpou/nenpo_09.pdf